器材のオーバーホール&修理

ダイビング器材のメンテナンスもシードラゴンで!

ダイビング中のトラブルで困らないように、ダイビング器材の修理、オーバーホールを承ってます。

REGULATORS

予期せぬレギュレーターの故障は、予定外の出費はもとより水中で起これば命にかかわります。
定期的にオーバーホールするようにしましょう!
レギュレーター表面が汚れていなくても、定期的にオーバーホールしない場合、内部の汚れがひどいです。
汚れた圧縮空気を吸うことになりますので、注意しましょう!

通常仕上げコース 受付日より2~3週間で作業を完了いたします。
器材のオーバーホール料金の計算

①基本作業工賃 + ②有償パーツ代 = 合計金額

ダイビングが直前の方にはこちら♪
超特急仕上げコース 受付日より3~5日で作業を完了します。
  
①基本作業工賃 + ②有償パーツ代 + ③特急UP料金 = 合計金額

 

BCD INFLATOR DEVICE

囲み枠a

Dry Suit & Wet Suit

スーツのサイズアップや修理、ファスナー取り付けなども承ってます。

Pressure gauge

残圧計の付け根からのエア漏れは、ほっておくと急激なガスロスにつながります。
その他高圧ホースの破損なども重大なトラブルになります。

 

注意 点検を怠るとこんな状態に!

マウスピースの割れ
呼吸している際に水が入ってくる症状の場合、この部分の割れが原因のことが多いです。
噛む場所だけのチェックだけでは不十分です。

 

中圧ホースのふくれ
最近特にトラブルで要注意が、ホースの破裂です。3年以上経過したホースを使用していて、
エアーを通すとホースが
膨れている部分があれば要交換です。

シードラゴンでは、各種メーカーのレギュレーター、BCDのインフレーターホース、ドライスーツホースなどのメンテナンスや修理、テクニカル用酸素器材のオーバーホールなど、ほとんどのダイビング器材(※水中カメラハウジングのオーバーホールも可能です。)の対応ができます。
お気軽にお声がけください。